スタッフを活かすコピーライティング

「一番は人だよ」

どの先輩やどの経営者に「大変なことってなんですか?」と聞いてもこう言われます。

 

店舗ビジネスオーナー・店長は売り上げのための販売促進に力を入れて常に売り上げを安定させるという事に注力していることでしょう。

これは最重要課題としていると思いますが、同じくらい大切なのが”人”ではないでしょうか?

 

常に人の入れ替えがあり、慣れてきたと思ったらやめてしまい

また次を募集して、教育して・・・。

 

これは、いくら売上が安定的に上がっているお店でも

かなりのストレスを抱えながらの経営になりますね。

 

ですから、スタッフをシッカリと教育するシステムに力を入れるという方も少なくありません。

 

しかし、

そもそもあなたの伝える力、人を行動させる力が不足していては

スタッフは動いてくれません。

 

この伝える力、行動させる力。

これがコピーライティングなんです。

 

今のこの時代に、

怒鳴りつけてスタッフにいう事を聞かせるなんて事は

あなたはしていないと思います。

 

そんなやり方では誰もついてきませんし

トラブルになってしまいます。

 

こんな時代だからこそ

あなたの想いを伝え、相手が自分から動きたくなるように

メッセージを伝えていくコピーライティングは、別世界のものではなく

あなたに最も必要とされているスキルなんです。

 

このスキルが上がることで

スタッフは、やる気になり、自発的に行動し

売上アップに貢献してくれます。

 

業務文書、社内文書もあなたのメッセージを伝えるものです。

定型文なんて使っている場合じゃありません。

 

シッカリと目的とした行動をとってもらえるような

意味ある文書を書く事で、社内の業務が円滑になります。

 

具体的には

ここでは、ベネフィットを意識した書き方になります。

 

ベネフィットとは、

ベネフィットは商品そのものでなく、商品から得られるメリットと言うことが出来ます。それは多くの場合、課題や悩みに対する解決策です。

出典:Web集客の開花塾  http://web60.co.jp/bnf.html

 

  • あなたがこの行動をすることで会社の売り上げが上がりあなたへのインセンティブ(歩合)が上がります。
  • あなた方がココを気を付けるとクレームが減り、お客様との仕事がやりやすくなります。
  • 社員同士が○○を気を付けることで働きやすい職場づくりが出来るので残業が減ります。

 

このように具体的に行動を起こすことで得られるメリット、

結果、感情などに触れることがベネフィットを意識した書き方という事になります。

 

行動を起こした結果のいいイメージを頭に描いて

スタッフが自発的に行動するのでスタッフ自身もストレスがありません。

スタッフの能力がより発揮されます。

 

もし行動をしてもらいたいことがあるのであれば

その行動をすることでのベネフィットを意識して書いてみることをオススメします。

投稿日:

執筆者:

反応率が上がる販促ツール作成 ワークショップ

店舗集客・起業家向け!チラシ、ホームページ、ポップの反応率を上げる!”販促チェックマン”