広告やチラシ、セールス文章を作るうえで
反応率は重要です。

今日は、その反応率を上げるために
最も重要なことをお伝えします。

今まで作った広告や文章がいつもイマイチと
思っていたとしても、このポイントに気を付けて作ることで
これから作る広告や文章の反応が驚くほど変わってきます。

やることはとてもシンプルなんですが
できている人はほとんどいない。そんなポイントです。

そのポイントは・・・・

 

 

「ターゲットを絞る」です。

 

誰に何を売るか?
誰に何を伝えるか?

この「誰に」
これをたった一人に絞るんです。

マッサージ店なら、
「肩こりの人」ではなく、
「腰が張っている人」でもありません。

「洗濯物を干すときに腕を上げるのがつらいくらい肩が凝っている人40代主婦。」

「毎日朝の9時から夜の8時まで座りっぱなしでパソコンに向かってデスクワークをしている37歳の男性エンジニア。」

 

ここまでターゲットを絞って、さらに商品(サービス)のメリットも絞って広告や文章を作る。
そうすると、驚くほど反応が上がります。今までのよりも確実にお客様が反応します。

でも、
「ん~、でもそうすると他の人が・・・」

ほとんどの人が絞れません。

絞るのが怖いんです。
ターゲットを絞ると、ほかの人が来なくなるんじゃないか・・・
こういう不安があるから。

絞っていくことで、ターゲットのニーズにピンポイントで届いて
反応が上がるという事を知らないから。

ですが、
絞るべきなんです。

あれもこれも、あんな人にもこんな人にも
そう思って絞らずに広告宣伝を行っていくと
結果的に誰も反応してくれない広告になってしまいます。

実際にターゲットを絞って広告や文章を作っていくと
驚くほど反応率が上がります。

最初怖くて全然絞れなかったのに
絞ることで反応が上がるという事を何度か経験してると
これが当たり前になってしまいます。

最初だけです。

絞るのが怖いのは。
繰り返し作っていくうちに当たり前になってきます。
その頃には、もはや「どうやったら反応率を上げられるのか?」という点には
悩まなくなってくるはずです。

 

絞って絞って絞り切ってください。